青の花茶を飲んでも副作用は出ない?成分を徹底解析!

ダイエットティーとして女性から人気の高い青の花茶。「私も試してみようかな」と購入を検討している時に気になるのが、その副作用ですよね。

青の花茶は健康食品。「もしも・・・ってことはないだろうか?」とほんの少しでも不安になるのはわかります。

そこで、今回は青の花茶に含まれる成分を見ながら、副作用の心配はあるか?実際に副作用を訴えた人はいるのか?について見ていきます。

⇒「青の花茶」を最安値で購入するなら公式サイトから

 

青の花茶を飲んで副作用の心配はある?

「副作用」と一言で言っても、どんな副作用の可能性があるのか見当もつかないでしょう。実際、どんな副作用の報告を受けているか?注意点も含めて見ていきましょう。

 

おなかがゆるくなる?

「青の花茶」に含まれている成分の中には、もともと胃が弱い人が大量摂取すると下痢を起こすことがあるといわれている成分が含まれているようです。しかし、この成分は主成分ではないため、1度に大量の青の花茶を飲まない限り、おなかが緩くなることはありません。

青の花茶のダイエット効果を得るために推奨されているのは1日1杯~3杯程度。1日に10杯以上も飲む人はごくごく稀だと思いますので、この心配はしなくてもよいでしょう。

 

かゆみや発疹の恐れ

大量摂取などで特別かゆみや発疹などといった症状が誰にでも現れるような成分が含まれている!というわけではないようですが、食物アレルギーの影響でこれらの症状が現れる可能性もあるといいます。

このように、体質によって合う・合わないがあるため、飲んでみて調子が悪くなる場合は、飲むのをやめるという結論にいたるでしょう。

体の表面に影響が出るのは女性としては是が非でも避けたいところです。ですが、こちらも青の花茶の大量摂取が原因とされています。

体質の問題とからまない限りは心配ないでしょう。しかし万が一、体に影響が出ましたら、その際はかかりつけの医師などにご相談の上、青の花茶を飲むのは控えてください。

 

ただし、販売元に電話確認をしましたが、これまで上記でアナウンスしたものを含む副作用を訴えた人は誰もいないとのことでした。

 

青の花茶にはどんな成分が入ってる?

青の花茶が支持を得ている秘密と言って良いですね。実際どんな成分が含まれているのでしょうか?具体的中身を見ていきましょう。

 

バタフライピー

青の花茶の主成分です。このバタフライピーの効果を目的に購入している人が多いのではないでしょうか?バタフライピーはアンチャンという異名もあります。よく知らている国で言うと、タイに生えているマメ科の植物ですね。

そのほか、台湾やインドでも大昔から愛飲されているハーブで、インドでは美容と髪によいハーブとされています。

青の花茶のあの透き通るような美しい青色は、この成分によるものです。あの青い色素にはポリフェノールのアントシアニンが含まれているのですが、その量を聞いて驚くことなかれ、、、なんとブルーベリーの約4.2倍なんです!

 

甜茶

中国の甘いお茶です。その甘さは、砂糖のなんと約75~100倍。日本では、砂糖の代わりになる甘味料としてダイエット食品に使われていることが多いです。

どうしても甘いものが欲しくなりがちなところ、ダイエットをあきらめずに済む甘味はココからきているのです。

また、甜茶はこのほかにもアレルギーの抑制、肥満予防、口臭予防効果が期待できます。

 

アマチャヅル

アマチャヅルはウリ科のツル植物の一種で、精神を安定させる沈静成分であるサポニンを含んでいます。同様にサポニンを多く含む成分だと高麗人参が広く知られていますが、アマチャヅルには70種類以上のサポニンが含まれていて、その数は高麗人参のそれをはるかに上回ります。

サポニンはストレス解消や疲労回復に効果が期待できるほか、老化防止、糖尿病、高血圧、胃潰瘍の改善や、内臓器官の働きを高める効果も期待できるといいます。

青の花茶のリラックス効果はこの成分のおかげですね。

 

ラフマ

ラフマは羅布麻(ヤンロン)、紅麻(こうま)、トウバシクルモンと様々な異名があります。というのも、ラクマは中国西部から北西部地方に生えている植物なんです。中国では古くからハーブティーとして飲まれていて、これを飲む人は「病気の人が少ない」と評判です。

ラフマに期待できる効果としては、血圧やコレステロールを下げる効果やセロトニンを増やす力があります。セロトニンは興奮や緊張の原因であるノルアドレナリンやドーパミンの過剰な分泌をおさえ、精神を安定化させる働きがあり、別名「幸せホルモン」と呼ばれているんですよ♪

 

メグスリノキ

メグスリノキは、樹皮や葉を煎じた汁で目を洗うと目の病気の改善に効果が期待できることから名づけられたといわれています。メグスリノキは日本だけに自生している固有種だといいます。

そのほかの効果として、肝機能を向上させる効果があり、日本では民間薬として大昔から使われてきました。そのほかにも動脈硬化の予防や血糖値軽減効果が評価され生活習慣病予防に役立つとされています。

 

こうして見ると、こだわりにこだわり抜いて作り上げてることがわかりますよね。アジア地方の体に良い成分を多分に含んでいます。

また成分それ自体には副作用を引き起こすようなものはいっさい入っていないことも同時におわかりいただけるかと思います。もちろん、着色料や添加物もゼロです。

ですから、飲む人それぞれが持っている体質と反応しない限りは副作用の心配はないでしょう。

⇒「青の花茶」を最安値で購入するなら公式サイトから

 

⇒ 青の花茶を実際に飲んでいる人の効果に関する口コミはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)