女性のフケが出る原因と治す方法【実は病気かも!?】

フケ 原因

しっかり洗ったはずなのに、髪の毛からポロポロこぼれてくるフケに悩まされている、そこのあなた!

今回の記事は、案外知らないフケの種類とその原因、効果的な対策法についてお伝えします。

またフケと思っていても、実は皮膚の病気だった。ということもありますので、それについても記事末尾で解説しています。

 

フケの種類

フケ 種類

フケと言っても、実は種類があるのをご存知でしょうか?

タイプ別に改善&予防の仕方が異なりますので、今悩んでいる症状と照らし合わせながら見てみてください。

フケの種類は大きく2つに分類されます。一つが乾性フケ、もう一つが脂性フケです。

では、それぞれの症状と原因を見ていきましょう。

 

乾性フケ

乾性フケ

フケで悩んでいる女性のほとんどは乾性フケです。

髪に触れたり体を動かした時に、肩にパラパラと細かいフケが落ちるようであれば、それは乾性フケです。

 

乾性フケが出る原因は乾燥やストレス?

まとめると、頭皮の炎症、ターンオーバーの乱れ、頭皮の乾燥や荒れが乾性フケになる原因とされています。以下、詳しく見ていきましょう。

 

頭皮を洗いすぎている

「フケが出てくるのは髪の毛をちゃんと洗えてないからじゃないか?」

そう思って、一日に何度もシャンプーをしていませんか?

もしそうなのであれば、今すぐにやめてください。それは逆効果で、さらにフケを増やすことにつながります。

というのも、頭皮を洗いすぎると、必要以上に皮脂をとりすぎてしまうのです。

とかく皮脂は悪者扱いされるかわいそうな存在なのですが、雑菌をバリアしたり、地肌を外敵から守ってくれる役割を果たしています。

ですので、ある程度の皮脂は頭皮には必要不可欠なんですね。皮脂は、頭皮の水分を一定量に保つ働きがあります。

しかし、シャンプーの回数を増やしてしまうと、本来頭皮を保護するために必要な皮脂までもを取り除いてしまうことになり、頭皮が乾燥。

結果、(乾性)フケが発生するのです。

 

紫外線の刺激によるダメージ

紫外線と言えば日焼けのイメージが強いですね。紫外線は頭皮にも悪影響を与えます。

紫外線を浴びすぎると皮膚が酸化し、地肌の外敵に対するバリア機能が破壊されることで、頭皮の乾燥と荒れをもたらし、フケを発生させてしまうのです。

 

季節によるもの

頭皮や髪の毛は季節によっても影響を受けます。特に冬は乾燥しやすい季節ですよね。この季節は、知らず知らずのうちに、頭皮が乾燥しがち。

フケが発生しやすい環境が自然と整っているケースが多いのです。

そのため、頭皮用の保湿ローション、特にセラミド配合のローションがオススメです。

というのも、セラミドは周囲の温度に関係なく、水分を継続して保つことができる成分だからです。

ローションを使う場合の注意点として、頭皮に直接、手やコットンを使ってローションを塗らないようにしてください。

それが頭皮への刺激になる恐れがありますので、タッチノズル式あるいはスプレー式のローション製品を使いましょう。

 

ストレス

何か身体に異常が生じた時の原因として、ほぼ毎回出てくるストレス。

「とりあえず、ストレスって言っておけば解決すると思ってるやろ!」とツッコミたくなるその気持ち・・・わかります。

しかし、ストレスも頭皮の状態に影響を与えます。ストレスがかかってくると、交感神経が緊張し、血管が収縮し始めます。

その結果、頭皮に必要分量の栄養素を送れなくなり、地肌のバリア機能が損なわれ、フケが発生してしまうのです。

ストレスが原因の場合、ひとたびフケを気にしだすと、より症状が深刻なる恐れがありますので、適度にストレスは解消することをオススメします。

 

脂性フケ

脂性フケ

脂性フケはどちらかと言えば男性に多く、女性で該当するのはごく少数

頭皮を指でかいた時に爪にフケがたまるレベル、わりと大きめのフケが出るのがその特徴です。

「脂性」というワードからも想像がつく通り男性に多く、頭皮のベタつき、かゆみや赤みを訴える方が多いです。

 

脂性フケが出る原因菌

脂性フケは、皮脂の過剰分泌マラセチア菌の繁殖が原因です。マラセチア菌が異常に増えすぎると、脂漏性皮膚炎に発展する恐れがあります。

マラセチア菌が異常なまでに増えると、脂肪酸が頭皮に大量に出るようになり、頭皮のターンオーバーを乱れさせます。

ターンオーバーは通常であれば1サイクルあたり28日間なのですが、早ければたった1週間程度で頭皮の表皮細胞が剝がれ落ちてしまう異常事態を引き起こします。

表皮細胞がなくなってしまうと、様々な雑菌から頭皮を守る機能を失ってしまいますから頭皮は炎症を起こしやすく、しっかりシャンプーで汚れを洗い流した直後でも、フケやかゆみに襲われることになります。

 

フケを治す方法

フケを治す方法

ここまでフケの原因についてつづってきましたが、では具体的にどのように対策していけばよいのでしょうか?

とはいえ、なるべく費用はおさえてフケの悩みを改善させたいと思いますので、お金がかからない順に説明していきます。

 

洗いっぱなしにしない

お風呂上りに頭皮が湿った状態で長時間いると、フケの原因であるマセラチア菌が繁殖してしまいます。

清潔なタオルで水分をよくとり、ドライヤーでしっかり乾かすようにしてください。

しかし、乾かせばいいというものでもなく、頭皮を乾燥させすぎないようにしてくださいね。

乾燥もまたフケの原因になりますので。ポイントとしては、ドライヤーの風を頭皮に直接あてないようにすることです。

 

タオルや枕カバーを清潔に保つ

普段使用するタオルや枕カバーの洗濯がしっかり出来ていないと、使用中に髪や頭皮に雑菌がついてしまうことがあります。

タオルや枕カバーはできるだけ毎日洗うようにして、洗濯する際に使用する洗剤は防腐剤や着色料が配合されていないものを使い、肌への刺激を出来る限りおさえるようにしてください。

 

ふだんから頭皮ケアを

凝り固まった頭皮では血の流れが悪いために、十分な栄養を頭皮に届けることができません。

健康的な頭皮をつくるために、頭皮マッサージはもちろんのこと正しい頭皮ケア法を実践してください。

⇒ 頭皮をいつまでも若々しく保つための頭皮ケア法

 

ここからは多少お金がかかる治し方になります。

 

紫外線対策

日差しの厳しい時に、長時間外を出歩く時は日傘を忘れないようにしましょう。

合わせて、帽子もオススメしたいところですが、オシャレも楽しみたい!着ていきたい服がある!という場合には、帽子はその時の服装には合わないこともあるでしょう。

そこで、頭皮用の日焼けスプレーを使うようしてください。

 

使用しているシャンプーを変える

フケをおさえるのに有効に働くのが、自分の肌質や頭皮に合ったシャンプーを使うことです。具体的には、使用するシャンプーの洗浄成分をよーく見るようにしてください。

フケの悩みを解消するために、洗浄力が強いシャンプーを選びがちなのですが、それは逆効果です。

洗浄力が強すぎると、皮脂を必要以上に落としてしまいます。すると、頭皮は地肌を守ろうとさらに皮脂を分泌し「皮脂の過剰分泌」につながる、あるいは頭皮の乾燥を引き起こす恐れが出てきます。

それでは、かえってフケを増やしてしまうことになるので、頭皮を健康な状態に保つことを最優先に考え、肌に低刺激な成分を配合しているアミノ酸シャンプーをオススメします。

シャンプーをお求めになる際は必ず、ボトル裏等にある成分表示をご覧ください。

石油系・アルコール系洗浄成分、例えばラウリル硫酸はアトピー肌や敏感肌、乾燥肌の人にとっては刺激が強すぎるだけでなく、洗浄力もかなり強いので、フケに悩んでいる女性にとっては危険。

必ず、アミノ酸が配合されているアミノ酸シャンプーを選ぶようにしてください。

フケ アミノシャンプー

アミノ酸シャンプーを使用すると、なんだか泡立ちが悪いように思うかもしれません。

しかし、泡立ちが良いということは何を意味するのか?と言うと、洗浄力が強いことを意味するのです。

ですので、泡立ちが悪いからと言って、「きちんと洗えない」ということはありませんので、ご安心ください。

また、すすぎもしっかりして、シャワーから上がったら、必ずタオルドライをしてからドライヤーで乾かすようにしましょう。

もし濡れたままの状態で頭皮を放置しておくと、フケの原因である雑菌が好む環境を自ら整えてしまうことになりますので、注意してください。

⇒ フケ対策予防に効果的なおすすめのアミノ酸シャンプー

 

フケ 薬用シャンプー

アミノ酸シャンプーでも症状が軽くならない場合は、薬用シャンプーを使用してみましょう。

特に脂性フケで悩んでいる場合は、フケの原因になる真菌やマラセチア菌といったものがありますが、薬用シャンプーには殺菌除菌する成分が含まれています。

薬用シャンプーの中でも、地肌ケアを目的としたものは薬用スカルプシャンプーとして販売されていますので、そちらも検討してみるとよいでしょう。

⇒ フケに効果的なオススメの薬用シャンプー

 

フケ ノンシリコンシャンプー

さらに、アミノ酸シャンプーや薬用シャンプーを使っても症状が良くならない場合、ノンシリコンシャンプーをすすめているサイトがあります。

その言い分はこうです。

「シリコン入りシャンプーを使い続けていることで、シリコン成分が髪や地肌にたまることで毛穴をふさぎ、フケに効果のある有効成分を吸収できなくなっている。

だから、シリコン成分が入っていないノンシリコンシャンプーを使うべきだ。」と。

しかし、そもそもシリコンは毛穴に詰まるような大きさではないのです。よく洗いすすぎ落とせば、頭皮に残るようなことはありません。

むしろ、シリコンは髪をコーティングしてツルツルで指通りなめらかにしてくれますので、美髪になりたい女性にとっては必要な成分と言えます。

 

フケじゃなくて病気かも・・?

フケ 病気

フケ対策をしても、いっこうに効果がない場合、それはフケではなく病気である可能性が高いです。

 

脂漏性皮膚炎

さきほどちらっと紹介しましたが、これは単なるフケではなく、皮膚の病気です。

皮脂の多い頭皮や顔に見られることが多い炎症で、赤みが出る、かゆみが出る、カサカサになる、皮膚がめくれる、といった症状として表面化します。

これらの症状と同時にフケも発生するのですが、そのまま放置すると、皮膚から加齢臭と似た臭いが発生します。

フケが気になった時に頭皮を少し触ってみてください。その時にベタベタする場合、脂漏性皮膚炎を発症している可能性が高いです。

この病気は放置しても自然完治することは絶対にありえないので、皮膚科で受診することをオススメします。

すると、おそらくステロイド外用剤を処方されると思います。しかし、副作用が心配されますので、あくまで使用は短期間とし、症状が和らいだと感じた時以降は、抗真菌外用剤やかゆみ止めの内服薬で経過を見るようにしてください。

 

しらくも(頭部白癬菌)

表に見える症状としては、フケやかゆみ、抜け毛が挙げられます。

この場合、真菌の一種である白癬菌に感染している恐れがあります。白癬菌はジメついた湿度が高い環境でこそよく繁殖するので、夏場汗をかいたり、帽子等によって頭皮が蒸れた時は注意。

感染経路としては、すでに感染している場所に触った手で頭皮や髪の毛に触れたこと、あるいは帽子やタオルを共用したことなどが挙げられます。

これも、治療については皮膚科に行きましょう。

 

しらみ

髪の毛の根元に白いものがついている場合、しらみを疑ってみるとよいかもしれません。一見、フケと勘違いしてしまうので、注意が必要です。

取ろうとしてもなかなか取れないのが特徴で、頭皮をかきむしりたくなるくらいかゆくなります。

しらみは髪の毛の根元に生息し、そこに卵を産み付けてはどんどん数を増やしていきます。

そのまま放置していても、髪の毛・頭皮からいなくなることはありませんので、皮膚科に行って相談するようにしましょう。

 

乾癬(かんせん)

皮膚が赤くなり発疹になって盛り上がり、その上に白く乾燥した角質が付着し、それがフケのようにボロボロとはがれ落ちる皮膚の病気

この病気の厄介なところは、原因がはっきりとわかっていないこと。角質を無理にはがそうとすると、そこから血が出ることもあり、かゆみもある人と無い人がいるというなんとも不可思議な病気です。

皮膚科で相談するようにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)